お酢や柑橘類に含まれるクエン酸は夏バテに効くだけでなく、ダイエットや美肌の効果もある美容成分です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
NAVI
お風呂で使えるクエン酸の美容成分

美容成分でもあるクエン酸で夏バテを吹き飛ばそう!

お風呂で使えるクエン酸の美容成分
だいぶ暑くなってきましたね。暑くなってくると、無性に酸っぱいものを食べたくなったり、柑橘系の飲み物を飲みたくなったりすること、ありませんか?私はあります。
私は夏になると、無性になますが食べたくなります。
では、何故暑くなってくると、無性に酸っぱいものが食べたくなったり、飲みたくなったりするのでしょうか?

…それは、人の体がクエン酸を欲しているからなんです。
クエン酸というのは、お酢や梅干、柑橘類などに含まれている成分のことです。
クエン酸を欲するということは、ちょっと夏バテしてきているよ、という体のサインなんですね。では何故、夏バテすると、人の体はクエン酸を欲するのでしょうか?答えは、クエン酸には、食べたり飲んだりして摂取した栄養素を、エネルギーに変えてくれる作用があるからです。
暑くなってくると、人間の体内にもともとあるクエン酸が汗などと一緒に外に流れ出てしまうので、せっかく栄養素を取り込んでも、それがエネルギーに変換されません。このエネルギー不足の状態が夏バテというわけです。
なので酸っぱい食品や飲み物を摂取することで、クエン酸を補おうとするのです。
人間の体ってうまいことできていますよね。

さてこのクエン酸、夏バテ対策だではなく、女性に嬉しい美容成分でもあるってご存じでしたか?栄養をエネルギーに変えてくれる力があるということは、すなわち体内の脂肪を燃えやすい環境にしてくれるということです。
つまりクエン酸には、ダイエットの効果もあるのです!お酢を飲むダイエットというのがありますが、それはお酢に入っているクエン酸が、代謝をあげて、脂肪を燃やしてくれるからなんですね。さらに、それだけではありません。クエン酸を摂取することによって代謝があがると、お肌のターンオーバーが促されるので、美肌になれるという効果もあるのです!夏バテ予防にもなって、ダイエットにもなって、美肌も手に入れることができる、まさに一石二鳥、いえそれどころか三鳥です。
この夏は是非是非、酸っぱいものをじゃんじゃん摂取して、ガンガン脂肪を燃やして、お肌も綺麗になっちゃいましょう!最近は水で割ってジュース感覚で飲める果実酢なんかも色々な種類がでているのでオススメです。

注目度がUPしている美容成分は、情報量が多いこのサイトでチェックしてみてください★

Copyright (C)2017お風呂で使えるクエン酸の美容成分.All rights reserved.